「ネタのコンビニ」管理人プロフィール・サイト説明 - 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”


朝礼ネタメニュー

2015年11月1日、サイト移転いたしました。

※しばらくすると自動的に新サイトへ移動します。

アクセス頂きましたページにより、自動的に移動しない場合もございます。
その際はこちらのリンクか画像をクリックして頂きますよう、お願いいたします。

【新サイト】http://netacon.net/

ネタのコンビニ引越案内

 スポンサード リンク

「ネタのコンビニ」管理人プロフィール・サイト説明

スポンサード リンク


はじめまして、「店長」と申します。


当サイトにお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

当サイト「朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”」
管理人の「店長」です。

店長ハンドルネーム「店長」。
実に芸のない名前で恐縮ですが、下手に名乗るよりも分かりやすいと
思い、そのまま放置してしまいました。

年齢はご想像にお任せ致しますが、石を投げれば当たる位、同年代が
溢れ返っている世代、お腹の脂肪が少し気になり出したおじさんです。

10人中8人位にA型でしょ!と言われるO型、
石橋を叩いて壊してしまう、適度にいい加減な性格。
自他ともに認める、恐妻家 愛妻家です。

仕事は、何でも(適当に)こなす典型的なイエスマンとして、
今の会社に懸命にしがみ付いてます。

趣味は、国内旅行と音ゲー。
旅行に関しては、京都と北海道によく出没します。
音ゲーは、ボケ防止に一役買っています。


今すぐ使える!「ネタのコンビニ」について


検索の結果、「朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”」という
サイト名を見かけ、直観的に「くだらないサイト」「ふざけたサイト」と思われた方が多いかも
しれませんが、敢えて「ありがちな真面目なサイト名」を避けた結果、私のセンスではこのサイト名が
精一杯だったようです。

ただ、「コンビニ」と謳う以上は、「便利」でないと嘘になってしまいますので、
スピーチネタにおいて「すぐに使える」という点は出来る限り意識して記事をアップするように
しています。

そもそも「スピーチネタ」自体が、様々なジャンルに及ぶテーマですので、記事に一貫性を欠いたり、
サイトの方向性が定まらなかったりと、あさっての方向を向いてしまっているような記事も散見される
と思いますが、その点につきましては、ご容赦頂きたくお願い申し上げます。


私は朝礼が大嫌い 〜スピーチとトラウマ〜


私自身、当サイトにお越しなる多くの方と同じ、1会社員として定期的に朝礼当番が回ってくる身。
おそらくこれは、今の会社を定年まで勤め上げるか、途中で肩を叩かれるまで、ずっと続くものと
思われます。ずっとです。

そんな「朝礼」が、私は大嫌い、でした。

自分で言うのもなんですが、変に真面目(ではなく小心・臆病)なところがあり、
朝礼当番が回って来るとなると、1週間どころか、1ヶ月位前から、そのことで頭が一杯一杯に。
1ヶ月おき位に当番が回ってくる時期もありましたが、その時は、年中無休で一杯一杯なわけです。

・・・

これといった下準備もせずに、普通に「朝礼スピーチ」をこなしている上司、同僚、部下。
それに対し、ある程度準備万端で臨まないと不安で仕方がない私。
さらに、準備していても「緊張と言う名の魔物」に魂を吸い取られそうになる「あの瞬間」。

もう、嫌でイヤでしょうがないわけです。朝礼が。

結果として、大嫌いな朝礼を乗り切るために私が選んでしまった道は、最悪の選択でした。
ネタを見つけ、それを原稿化し、丸暗記。そして、車や部屋にこもり反復練習。

これが「最悪の選択」であることに気付かされたのは、ある日の朝礼でした。

・・・

いつものように、朝礼数週間前から意味のない緊張感を維持し、面白くもないスピーチ原稿を
作っては直し、直しては作り、そして、丸暗記、反復練習。

そして本番。月曜朝。私の番。

悪魔降臨の瞬間が訪れます。

突然、記憶を吸い取られたかのように、覚えたスピーチが頭の中から見事なまでに消去されました。
暗記に頼り切っていた私に、アドリブの「ア」の字すら出るはずもなく、ただただその場で絶句。

数秒・・・ いや数十秒・・・  何時間にも感じたあの「瞬間」

見かねた上司が、「もういい、次!」と、次のスピーチ当番を指名。
その後は思い出したくもありません。俗に言うトラウマというヤツです。

・・・

その後のスピーチ当番。

「前回絶句した人(私)」の番です。私が逆の立場なら、また絶句するんじゃないかと「変な期待」を
してしまうかもしれないであろう私の番です。必要以上の緊張が私を襲います。
仮に周囲がそんな目で見ていないとしても、本人はその呪縛に完全に取りつかれています。

あの日以来、スピーチというものに対し、全く無意味な恐怖感と共存する羽目となった私。
そして今でもスピーチのたび、あの上司の一声「もういい、次!」が、
昨日のことにように思い出されます。もう十数年も前のことなんですけどね。


ある1冊の本との出会い


そんな、見えない敵と闘っていた私を救ってくれたのが、1冊の本でした。

その本に出会い、突如として何かが変わったわけではないのですが、
その本は、変わる「きっかけ」を私に与えてくれました。

その本とは・・・

敢えてここでは紹介しないでおこうと思います。感じ取り方は人それぞれですからね。
たかが1冊の本、されど1冊の本、でした。


「ネタのコンビニ」のこれから


当サイトを訪れる多くの方が、「スピーチネタ」「朝礼ネタ」といった検索結果を経て
辿り着かれることが多いようです。私もそんなキーワードでネタ探しをしてた一人です。

私自身が当時「スピーチネタ」「朝礼ネタ」を検索窓に入力して探し求めていたサイト。
それは、スピーチに対する、精神論や根性論、理屈や理論などの小難しい解説ではなく、

「具体的なスピーチ実例」
「普段の会話でも使えそうな自然なネタ」でした。

例の本に出会って以降、探すネタの内容や、何気ない日常での着眼点に変化が現れました。
そして、朝礼で実際に取り上げるネタに、こんな変化が現れてきたんですね。


◆これまでの私が好んで選んできた朝礼ネタ

 朝礼のための朝礼ネタ。つまり、無難で面白味のないネタ。
 昔の記憶を引っ張り出してたとえると「校長先生のお話」が近いイメージかもしれません。
 (私の勝手なイメージです。世の校長先生、すみません。)

◆最近の私が選ぶようになった朝礼ネタ

 自分が本気で関心を持ったことや感動したネタ、「これは誰かに喋りたいな」と思える身近なネタ。
 ちょっとした雑学やトリビアもそうですし、自分の失敗談なんかも意外に相手の興味を惹きます。


無理矢理まとめます。

「話さなければならないから話す内容」から「話したくて話す内容」へ

この変化です。この違いを意識してから、正体不明の緊張感は、完全に無くなりはしないまでも、
間違いなく和らぐようになりました。

無意味な緊張感の克服とでも言えばいいのでしょうか・・・
他にも要素はあるんですが、この変化への気付きが私の中で最も大きかったと感じています。
(他の要素については別記事で)

どうしても人に話したい話なら、自然と気持ちも入りますし、言葉も自然に出てきます。
表情にも変化が現れ、場合によっては、身振り手振りも伴います。
たとえ途中でしどろもどろになってしまっても、何とか最後まで伝えようとする努力が、
自然発生的に沸いてきたりします。

それが沸いてこないとすれば、それは「どうしても話したい内容」ではないのかもしれません。

一方、「話さなければならないから話す」では、記憶だけで話そうとし、感情が伴いません。
結果、途中で内容を忘れてしまうと、例の悪魔が降臨してしまいます。


最後に


ある1つの話を聞いて、面白いと思う人もいれば、全然面白いと感じない人もいる。
これは至極当たり前のことです。

ですので改めて、サイトの方向性がやや乱れ気味になることがあるのは、そのためだと思ってやって
ください。あなたにとって面白くないネタでも、ある人にとっては的を射たネタかもしれませんし、
その逆も然りですからね。

そんなこんなで、少しでも「ネタ探し中のあなた」のお役に立てますよう、頑張って参りますので
今後とも宜しくお願い申し上げます。

ご意見・ご感想、お気付きの点等がございましたら、お気軽にコメントをお寄せください。
更新の励みになります。

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。
「ネタのコンビニ」店長より店長印


総合メニュー(目次)はこちらです。






店長 貴重なお時間、最後までご覧頂きましてありがとうございました。
最後に“読んだよ”と押して頂けると、とても励みになります。
「読んだよ!」

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前(ハンドルネームOK):

メールアドレス(任意):

ホームページアドレス(任意):

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
« 【朝礼スピーチ実例】自販機か…  |  【朝礼スピーチ実例】くら寿司… »
Copyright © 2012-2015 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ” All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ただし、当サイト内のテキスト・画像等の無断転載転用等はご遠慮願います。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。