【笑えるネタ】ホッテントリメーカー 面白いブログ記事タイトルの付け方 〜ホッテントリメーカーが課長に大人気〜 - 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”


朝礼ネタメニュー

2015年11月1日、サイト移転いたしました。

※しばらくすると自動的に新サイトへ移動します。

アクセス頂きましたページにより、自動的に移動しない場合もございます。
その際はこちらのリンクか画像をクリックして頂きますよう、お願いいたします。

【新サイト】http://netacon.net/

ネタのコンビニ引越案内

 スポンサード リンク

【笑えるネタ】ホッテントリメーカー 面白いブログ記事タイトルの付け方 〜ホッテントリメーカーが課長に大人気〜

スポンサード リンク


「ホッテントリメーカー」で作った記事タイトルが笑える


ホッテントリメーカーって、ご存知ですか?

「ホットエントリー」 (つまり、アツい記事)
  ↓
「ホットェントリ」 (一応、変化の過程)
  ↓
「ホッテントリ」 (強引な説明で申し訳ない)

ブログを書かれた経験のある方なら、タイトルの重要性は痛いほどご存知かと。
ホッテントリメーカーとは要するに、あなたに代わって記事タイトルをおもしろおかしく
自動で生成してくれるというもの。

ブログを書いたことなどなくても、身近な所で、新聞・書籍・雑誌でも、ネットのニュース記事でも、
思わず読んでみたくなる記事タイトルや、放っておけそうにない魅惑的な見出し
それらに見事なまでに釣られたご経験、一度や二度はあると思います。


「ホッテントリメーカー」の使い方(遊び方)

ホッテントリメーカー
(※こちらの画像クリックで「ホッテントリメーカー」のサイトへ飛びます)

↑この窓に好きなキーワードを入れて「について書く」を押すだけ。
すると即座に、5つほど「ホッテントリ」候補が表示されます。

検索結果表示後、
「→○○についてもっとタイトルを作る←」という部分をクリックすれば、
新たに5つの候補が表示されます(ブラウザの更新でもOK)。


ホッテントリメーカー さっそく「朝礼ネタ」で試してみた


当サイトのキーワードの1つ、「朝礼ネタ」で遊んでみました。
実際に生成された「ホットエントリー」をいくつか並べてみます。

<実際にありそうな無難な記事タイトル>

 ■ よくわかる! 朝礼ネタの移り変わり
 ■ やってはいけない10の朝礼ネタ
 ■ 覚えておくと便利な朝礼ネタのウラワザ70選!
 ■ 要は、朝礼ネタがないんでしょ?
 ■ あなたの知らない朝礼ネタの世界
 ■ 理系のための朝礼ネタ入門


<とりあえず読んでみたくなる記事タイトル>

 ■ 女たちの朝礼ネタ
 ■ 朝礼ネタに重大な脆弱性を発見
 ■ 朝礼ネタは最近調子に乗り過ぎだと思う
 ■ 絶対に公開してはいけない朝礼ネタ
 ■ 面接官「特技は朝礼ネタとありますが?」
 ■ 日本から「朝礼ネタ」が消える日


<内容が少々不安だが無性に気になる記事タイトル>

 ■ 韓国に「朝礼ネタ喫茶」が登場
 ■ ドキ!丸ごと! 朝礼ネタだらけの水泳大会
 ■ なぜか朝礼ネタが高円寺で大ブーム
 ■ 朝礼ネタの中心で愛を叫ぶ
 ■ JavaScriptで朝礼ネタを実装してみた
 ■ 今、朝礼ネタ関連株を買わないヤツは低能

・・・

最後の方になると、かなり意味不明なタイトルですが、こんな感じで生成してくれます。
「JavaScriptで朝礼ネタを実装してみた」で実際に記事書いてみろと言われても、私には無理です。


記事タイトル やはり「人」が読むものですから


ブログの記事タイトル。検索エンジン対策(SEO対策)として、

「タイトル内にキーワードを入れる」
「キーワードは左側(文頭)に入れる」


これはあまりにも有名な話。
確かに検索結果を表示するまでは「検索エンジンの仕事」
ここに表示されなければ、折角の記事も人目に触れず仕舞い。

ただ、検索結果表示後は「人の仕事」。

同じような内容のサイトが2つあったとして、
1つが、「すぐにでも読んでみたくなるようなタイトル」
1つが、「ありがちなつまらないタイトル」

どちらに人が集まるかは言わずもがな。
ただ、記事タイトルだけに全身全霊を注ぎ込み、肝心の記事内容がスッカスカ・・・
これでは折角の訪問者様が、訪問直後に回れ右。3秒ルール発動です。

日々進化する、googleの検索アルゴリズム。
ちまたではパンダだのペンギンだの呼ばれていますが、呼び名ほど可愛らしいものではなく、
内容の薄いサイトを見事に検索圏外に投げ飛ばす猛獣として恐れられています。

で、訪問者の滞在時間等も評価の対象とされているという検索アルゴリズム。

ここまでお読み頂けたあなたには、「3秒ルール」は発動しなかったということで、
改めて、ご精読ありがとうございました。

今後、当サイトの記事タイトルで「上記のようなタイトル」を頻繁に見かけるようになりましたら、
管理人のネタが切れかかってると思って、哀れんでやってください。

ちなみに、当記事のタイトルの一部「ホッテントリメーカーが課長に大人気」の部分は、
実際に、ホッテントリメーカー作です。

これ、意外に仕事でも使えるかもしれませんね。
プレゼンのタイトルとか、メールの件名とか・・・






店長 貴重なお時間、最後までご覧頂きましてありがとうございました。
最後に“読んだよ”と押して頂けると、とても励みになります。
「読んだよ!」

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前(ハンドルネームOK):

メールアドレス(任意):

ホームページアドレス(任意):

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © 2012-2015 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ” All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ただし、当サイト内のテキスト・画像等の無断転載転用等はご遠慮願います。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。