【朝礼ネタ】4月1日生まれの人が「早生まれ」の理由 正しく説明できますか? - 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”


朝礼ネタメニュー

2015年11月1日、サイト移転いたしました。

※しばらくすると自動的に新サイトへ移動します。

アクセス頂きましたページにより、自動的に移動しない場合もございます。
その際はこちらのリンクか画像をクリックして頂きますよう、お願いいたします。

【新サイト】http://netacon.net/

ネタのコンビニ引越案内

 スポンサード リンク

【朝礼ネタ】4月1日生まれの人が「早生まれ」の理由 正しく説明できますか?

スポンサード リンク


【朝礼ネタ】「4月1日生まれの人は、なぜ早生まれ?」って聞かれたらどう答えますか?


門出今回の朝礼ネタは「4月1日生まれ」。

あなたの同級生にも、1人はいませんでした?4月1日生まれの人。

そもそも「早生まれ」とは? 辞書にこう書かれています。
1月1日から4月1日までの間に生まれたこと。
また、その人。
と。

遅生まれは、単純にそれ以外、4月2日〜12月31日に生まれたこと・人。

仮に、2000年1月1日生まれのAさんがいたとすると、

 ・2000年4月1日生まれのBさんは、Aさんと同級生(同学年)
 ・2000年4月2日生まれのCさんは、Aさんの後輩(1個下)
 ・1999年4月1日生まれのDさんは、Aさんの先輩(1個上)

なわけですが、一方で、学年や一般的な年度の区切りは、4月1日〜3月31日ですね。
ではなぜ、4月1日生まれの人は、当学年でなく、前学年になるのか?

200文字以内で答えなさい。(失礼)

・・・


4月1日生まれの人が「早生まれ」となる理由


法律上の条文等をあれこれ引用するとややこしくなるので、簡潔に。
民法上、人が「年を取るタイミング」は、誕生日当日ではなく誕生日前日の深夜12時と
規定されている
ため、4月1日生まれの人の場合、3月31日に年を取ることになる。

で、学校教育法が定める「子女が満6才に達した翌日以降における最初の学年の初めから
小学校に行く」
という規定に基づき、4月1日生まれは民法上、3月31日に加齢するため
前年度に組み入れられることになるというわけ。(以上182文字くらい

ふ〜ん。

・・・

ちょっと待てぃ!

3月31日の深夜12時って、4月1日の0時と、同じじゃねーか。
だったら、4月1日に年を取ることにしたっていーじゃねーか、こらぁ!

(口調は別として、確かに一理ある)

と、抜いた刀を納める鞘を見失っているような方が、あなたの身近にいらっしゃいましたら、

法律上、年を取る日は誕生日の前日。あなたが何と言おうがわめこうが、法律は法律。
法律ってそういうもんでしょ。
と、爽やかにかわしてあげてください。

ちなみに余談ですが、この「年を取る日」問題、小泉内閣時代に国会答弁にかけられているんですね。
結局、変わりませんでしたけど。

明治生まれの民法と、昭和生まれの学校教育法。
民法を大前提として、後々様々な法律が制定されていることを思えば、
大前提である民法を改定した時に起こり得る諸問題は自明の理、ということで。

スポンサード リンク


「早生まれ」という言葉の矛盾


子供の頃、1月〜3月(前述の通り4月1日含む)生まれの同級生を「早生まれ」と呼ぶことに抵抗
というか違和感を覚えた経験、ありませんか?

実際、子供の頃と言えば、接する友人は基本同級生。
4月〜12月に生まれた子から見れば、1月〜3月に生まれた子は自分より遅く生まれた子。
その子たちが「早生まれ」と呼ばれることへの矛盾・違和感。

もし、子供から聞かれたら、何て答えます? 200文字以内で答え なくていいです。

・・・

この漠然とした矛盾の正体。

容疑者として、「満年齢」と「数え年」の存在が挙げられます。

満年齢については前述の通り、誕生日の前日深夜12時に加齢する数え方。
一方の数え年は、生まれた年を1歳とし、以降元日(1月1日)を迎える毎に加齢する数え方。

ちなみに、
数え年だと12月31日生まれの赤ちゃんは、翌日にはもう2歳児である(どうでもいい話)。
数え年は、お母さんのお腹の中にいる時を0才期とした命を尊ぶ日本古来の考え方(とてもいい話)。

では、数え年を正しく理解したところで、小学校へ入学する年齢を数え年で見てみましょう。

◆ 早生まれ(1月1日〜4月1日に生まれた子)⇒ 数え年7歳で小学校に入学
◆ 遅生まれ(4月2日〜12月31日に生まれた子 )⇒ 数え年8歳で小学校に入学

要するに、早生まれの人は、小学校に入学する年齢が数え年で1歳早い(若い)わけです。
ただこれ、満年齢を迎える時期で見ても同じです。

どうやら、「数え年」が犯人ではなさそうです。

・・・?

まだピンと来ない方。
犯人はもっと単純です。矛盾の犯人はあなたの頭の中にいます。木を見て森を見ずです。

4月〜3月という区切り(学年)で考えるから、話がややこしくなっているだけです。
普通に、1月〜12月の1年で区切って、○年生まれという部分にだけ注目すれば済む話。

同年生まれの内、1月1日〜4月1日に生まれた子が、1年早く小学校に入学する。
だから、「早生まれ」。ですよね。

同級生の中で見てしまうから、おかしなことになってたわけですね、この話。
最初から分かっていた方には、つまらない話に付き合わせてしまい、すみませんでした。


新学年のスタートが4月である理由


4月1日生まれの人が早生まれ扱いとなる理由は、おそらくご理解頂けたと思います。
では最後に、なぜ4月が新学年のスタートなのか?一体誰が決めたのか?

日本では桜咲く4月が入学シーズン。何の違和感も感じませんね。

ただ、新学年のスタートが4月である国は珍しい、というよりマレ
各国、各地域によって異なる入学シーズンですが、圧倒的多数は「夏休み明け」です。
つまり、北半球では9月前後、南半球では1月前後が多いようです。

改めて、なぜ、日本の新学年スタートが4月になったのか?

これには諸説あるようですが、明治維新前後を境に4月入学が定着してきたようです。
日本は、1886(明治19)年にイギリスに倣って4月〜翌3月までを「国の会計年度」とすることに
改められ、それに合わせ、国からの補助金で運営されることが多い学校も、4月入学に変更された
というのが一般論となっています。

参考 : 日本では何で4月が入学式なのでしょうか…?【人力検索はてな より】

東京大学が9月入学への全面移行を発表して世間を騒がせたことは記憶に新しいところです。
「大学だけではなく、社会の条件が整わないといけない。事実認識としては困難だ」との理由で、
先送りにはなりましたが、「理想はめざしていく」と同学長談。

文化・伝統を重んじる日本。
世界基準に追随せざるを得ない現実。

いろんな場面で、岐路に立たされてますね、今の日本。

・・・

年齢に関するちょっとした疑問。身近にも結構あります。

◆ 初老の男性・女性って何歳のこと?
◆ “年齢”と“年令”、“〇歳”と“〇才”。正式にはどっち?
◆ 世界最長寿者って男性?女性?何歳? 喫煙者だったって本当?

【朝礼ネタ】年齢の別名・別称一覧 〜初老とは何歳のこと?〜(ご参考まで)

話が逸れましたが、今回、近所のちびっ子(生意気なク○ガキ)から聞かれたんです。

おじさん、何で4月1日生まれの子って早生まれなん?って。

おじさんの前に、おにいさんだろ。と言いたい気持ちはグッとこらえて、
ク○ガキにもちゃんと分かるように、説明してあげました。
(親とは仲良くさせてもらってるので、むげにできない大人の事情です)

そんなこんなで、「4月1日はなぜ早生まれなのか」を記事にしてみた次第です。
年度がわりの朝礼ネタ・会話ネタとして、ぜひご活用ください。






店長 貴重なお時間、最後までご覧頂きましてありがとうございました。
最後に“読んだよ”と押して頂けると、とても励みになります。
「読んだよ!」

この記事へのコメント
この問題は正しく理解していない人が大勢いますが、これだけ解りやすく正しく書いているサイトは初めて見ました。
4月1日生れの人を前年度に入れるのは、民法、年齢計算に関する法律、学校教育法の3つの法律の適用の結果であるのは事実ですが、一般的な感覚との齟齬が生じるのはあくまでも民法の期間の満了時を定める規定に原因があるということをきちんと説明しているサイトは少ないです。

もっとも、
>大前提である民法を改定した時に起こり得る諸問題は自明の理
民法を変えなくても、年齢計算に関する法律を改正すればいいだけです。現在は起算日の特則を定めていますがこれを満了時点についても定めればよいだけです。
すなわち、
年齢計算に関しては、期間は、出生の日に応当する日が開始した時点に満了する
とでもすれば(文言はかなり適当です。例えば2月29日を考慮していません。)年を取るのを前日の24時から誕生日の0時に変えられます。ですから、民法を改正した場合の影響は考慮しなくても問題ありません。

しかし、民法を変えなくても年齢を加算する日付が変わるとやはり多大な影響があるのは同じであって、結局そう安易には変えられないということになります。本来なら期間が満了した「瞬間」を以て加算する年齢を満何歳となった「日」で区別するという法律の規定の仕方に問題があるのですが、これは学校教育法だけでなく公職選挙法など多数あるので。
Posted by 閑人 at 2014.06.08 00:31
閑人さん

大変貴重なコメントを頂きまして誠に恐縮です。

>この問題は正しく理解していない人が大勢いますが、
>これだけ解りやすく正しく書いているサイトは初めて見ました。

こんなにも嬉しいコメントはありません。ありがとうございます。

>民法を変えなくても、年齢計算に関する法律を改正すればいいだけです。
>現在は起算日の特則を定めていますがこれを満了時点についても定めればよいだけです。

閑人さんの仰る通り、矛盾が放置されている法律・条文は案外多いのかもしれませんね。

憲法改正が話題の昨今ですが、簡単に改正できてしまうようであれば「法」としての性格が損なわれますし、「法」が政治家の私物になっては本末転倒です。

一方で、時代錯誤な法律の放置は、実生活に悪影響を及ぼしかねないことも事実ですので、多くの人にとって有益な改正は積極的に審議してもらいたいところです。

ただ、実生活に関わる身近な法律が改正されても、その周知徹底が不十分であることにも少々問題を感じます。「官報にて公示」なんて言われても、普段読みませんしね。

Posted by 店長(管理人) at 2014.06.09 09:32
コメントを書く
お名前(ハンドルネームOK):

メールアドレス(任意):

ホームページアドレス(任意):

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361419067 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © 2012-2015 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ” All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ただし、当サイト内のテキスト・画像等の無断転載転用等はご遠慮願います。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。