【朝礼ネタ】パラダイムシフトとは? 〜靴の営業マンの話など(スピーチ実例つき)〜 - 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”


朝礼ネタメニュー

2015年11月1日、サイト移転いたしました。

※しばらくすると自動的に新サイトへ移動します。

アクセス頂きましたページにより、自動的に移動しない場合もございます。
その際はこちらのリンクか画像をクリックして頂きますよう、お願いいたします。

【新サイト】http://netacon.net/

ネタのコンビニ引越案内

 スポンサード リンク

【朝礼ネタ】パラダイムシフトとは? 〜靴の営業マンの話など(スピーチ実例つき)〜

スポンサード リンク


【朝礼ネタ】靴の営業マンの話でもお馴染み「パラダイムシフト」の正しい意味は?


悩む人今回の朝礼ネタは「パラダイムシフト」。

何となく理解しているつもりでも、いざ説明してみろと言われると
意外に言葉が出てこなかったりしませんか、パラダイムシフト。

以前、職場の先輩からこんなことを言われたことがある筆者。

「パラダイムシフトでパラダイスシフトっ!
 なんちゃってー」


・・・

なんちゃってではない…。しかし相手は先輩。そんなこと言えるはずもなく、
リアクションに困った記憶が鮮明に残っている。

ただ、今思えば、この先輩の話には一理あった。


パラダイムシフトと言えば何を連想しますか?


パラダイムシフトの最たる例と言えば「天動説」⇒「地動説」でしょうか。
辞書にはこう書いてあります。
ある時代・集団を支配する考え方が、非連続的・劇的に変化すること。社会の規範や価値観が変わること。例えば、経済成長の継続を前提とする経営政策を、不景気を考慮したものに変えるなど。パラダイムチェンジ。パラダイム変換。発想の転換。【 goo辞書より 】

■ 色メガネをかけて見る
■ フィルターを通して見る


過去、こんな比喩で教わった方も多いかもしれませんね。
ビジネス書の全世界的ベストセラー『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)
学ばれた方も多いと思います。

【朝礼ネタ】「7つの習慣」が7秒で分かる 〜『7つの習慣』と『完訳 7つの習慣』の違い〜
【朝礼スピーチ実例】1日が25時間あったら「増えた1時間」何しますか?〜 『7つの習慣』より〜

偉大なるコヴィー博士のあとに「なんちゃって先輩」を登場させるのは気が引けますが…


「パラダイムシフト」⇒「靴の営業マンの話」⇒「パラダイスシフト」


靴の営業マンの話は、ご存知の方も多いかもしれませんね。
靴の商社に勤める2人の営業マンに、新規市場開拓としてアフリカ赴任人事が伝えられます。
赴任地はアフリカでもかなりの奥地。住む人は皆、裸足。靴を履く習慣などない土地柄。

そして赴任早々、2人の営業マンからそれぞれ、本部に報告が入ります。

A 「誰も靴を履いてません。こんな所で靴なんて売れるとは思えません!」
B 「誰も靴を履いてません。すごい市場です。ここなら全員に売れる可能性があります!」

と、端折ればこんな感じの話です。

 ちなみに、この「靴の営業マンの話」を、朝礼ネタ・朝礼スピーチとして活用されるようでしたら、
 こちらの『朝礼スピーチ実例』が参考になるかもしれません。

 【朝礼スピーチ実例】楽観主義者と悲観主義者を一瞬で見分ける質問

・・・

さて、筆者の先輩は、とても自慢げに「靴の営業マンの話」をした後、
「なっ、Bの営業マンのような考えを持てば、パラダイスだろ?だろっ!(半ば強制)」と
見事に締め括りました。


身近なパラダイムシフト


先日、こんな話を聞きました。
女の子が泣きながら、こう訴えかけてきたそうです。

「○○ちゃんが、高い穴に落ちちゃったの。誰かお願い、助けてっ!」

居合わせた大人たちの多くは「た、高い穴?」「深い穴だろ」と感じたそうですが、
1人の女性は違いました。

「○○ちゃんが、とっても高い穴に落ちちゃって、今、とっても怖い思いをしてるんだね。」

穴に落ちた○○ちゃんの目線で、「高い穴」と表現した女の子。

仮に、その女の子に対し「それは高いじゃなくて、深いだよ」と諭す大人がいるとすれば、
それは、大人の方が間違っているのかもしれません。

 ちなみに、この「高い穴に落ちた女の子の話」を、朝礼ネタ・朝礼スピーチとして活用される
 ようでしたら、こちらの『朝礼スピーチ実例』が参考になるかもしれません。

 【朝礼スピーチ実例】「高い穴」に落ちた女の子の話 〜身近なパラダイムシフト〜

・・・

「パラダイムシフト」という言葉は本来、
シフト前後の考え方に対して、優劣などの価値判断を行わない概念(三省堂辞書サイトより)。
また、一個人の物の見方が変わることを指すものでもない(ウィキペディアより)そうです。

本来の意味からは随分と拡大解釈されている面もあるようですが、難しい解説をされるよりも、
「見方を変える」「固定観念を捨てる」「常識を疑う」といった、分かりやすい説明を受けた方が
記憶にも残りやすいもの。

・・・

先輩の「パラダイシフト」。「なんちゃってー」と茶化していましたが…

今思えば、子どもの頃に習ったことって、面白い先生に教わったことの方が記憶に残っているもの。
これは大人になった今でも同じですね。先輩には感謝しています。

この先輩を「おバカな先輩」と思うか、「素敵な先輩」と思うか、
これも1つのパラダイムシフトなのかもしれませんね。






店長 貴重なお時間、最後までご覧頂きましてありがとうございました。
最後に“読んだよ”と押して頂けると、とても励みになります。
「読んだよ!」

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前(ハンドルネームOK):

メールアドレス(任意):

ホームページアドレス(任意):

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
« 【朝礼スピーチ実例】「高い穴…  |  【朝礼ネタ】バーナム効果って… »
Copyright © 2012-2015 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ” All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ただし、当サイト内のテキスト・画像等の無断転載転用等はご遠慮願います。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。