【朝礼ネタ】受験応援・合格祈願お菓子の商品名が面白い 〜ポッキーの由来ご存知ですか?〜 - 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”


朝礼ネタメニュー

2015年11月1日、サイト移転いたしました。

※しばらくすると自動的に新サイトへ移動します。

アクセス頂きましたページにより、自動的に移動しない場合もございます。
その際はこちらのリンクか画像をクリックして頂きますよう、お願いいたします。

【新サイト】http://netacon.net/

ネタのコンビニ引越案内

 スポンサード リンク

【朝礼ネタ】受験応援・合格祈願お菓子の商品名が面白い 〜ポッキーの由来ご存知ですか?〜

スポンサード リンク


【朝礼ネタ】受験応援・合格祈願お菓子の商品名が面白い そして意外に深い


合格今回の朝礼ネタは「受験合格祈願お菓子」。

例年トラブルの絶えない「センター試験」。
正式名称「大学入学者選抜大学入試センター試験」。どうでもいい…

今年も英語のリスニング機器に関するトラブルが複数の会場で発生したようですね。例年起こるトラブルがなぜ解消できないのか少々不思議ですが、受験生の皆様、くれぐれも体調のトラブルだけはお気を付け下さい。

さて、受験シーズンの合格祈願・縁起担ぎお菓子の元祖と言えば「キットカット」が有名ですが、他にも色々と企業努力がうかがえるネーミングが現れては消えていきます。ちょっと振り返ってみます。


「きっと勝つとぉ」の「キットカット」は以前、不二家の商品だったような…


その昔「センター試験」は「共通一次」と呼ばれていました。ちなみに「センター試験」が「共通一次」と呼ばれていたのは、1979年から1989年まで。

この「共通一次」の響きに懐かしさを覚えたあなたの年齢はさておき、その頃「キットカット」と言えば不二家の商品じゃありませんでしたか?

単なる偶然ですが、「共通一次」が「センター試験」に変わった頃、「キットカット」も「不二家」から「ネスレ」に変わっていたんですね。
日本では1973年にイギリスのロントリー・マッキントッシュ社と提携した不二家から発売され、CMなどでも「マッキントッシュのキットカット」とうたわれていたが、ロントリー・マッキントッシュ社がネスレに吸収された関係で、1989年にネスレと不二家の合弁企業「ネスレマッキントッシュ」を設立し、移管。ネスレマッキントッシュはネスレコンフェクショナリーに社名を変更した後、2010年にネスレ日本に吸収された。

キットカット=きっと勝つ。

この「キットカット現象」。自然発生的に広まった現象のようです。
日本ネスレによると、九州北部の方言で「きっと勝つ」=「きっと勝つとぉ」。この語呂合わせを元に近隣のの受験生に「キットカット」を送るようになり、それが全国的に広まったそうです。

なお、東京や大阪で「きっと勝つとぉ」では笑われます、多分。
合格祈願・縁起担ぎとしての「きっと勝つ」は、キットカット2枚(2つ)以上が基本だそうです。
1枚(1つ)では「KitKat」、複数枚で「KitKats」(キットカッツ)。なるほどですね。


受験応援・合格祈願お菓子の面白い商品名あれこれ


キットカットのように語呂合わせがきっかけとなり、受験生を中心に自然発生的に有名になったお菓子もあれば、メーカーの意図がハッキリと商品名に込められているものもあり、受験シーズンは、学生だけでなくメーカーも必死の様相です。【以下、画像は楽天より】

    


コアラのマーチ

オーストラリアからコアラが贈られコアラブームに沸いていた1984年に発売された、ロッテのロングセラー商品。「コアラは寝ている時も木から落ちない」⇒「寝ていても試験に落ちない」と、おまじない的に受験生の間で人気となり、これに呼応する形で「めざせ合格!コアラのマーチ」の期間限定販売が開始されたそうです。

様々な絵柄の発見と合わせ、様々な都市伝説が登場するコアラのマーチ。その絵柄、実に500近く。
せっかくなので全種類見てみる。


キシリトールガム

同じくロッテのロングセラー商品(1997年発売)。「キシリトール」⇒「キッチリ通る」。おやじギャグのような語呂合わせですが、虫歯予防・眠気覚まし効果も相まって受験生に人気の商品。


トッパ(Toppa)

こちらもロッテのロングセラー「トッポ(Toppo)」(1994年発売)の受験応援バージョン。「トッポ(Toppo)」⇒「トッパ(Toppa)」。1文字変えただけで意図が伝わる見事なネーミングです。


ウカール

言わずと知れたスナック菓子の代表格、明治のカール(1968年発売)。「カール」⇒「ウカール」。こちらは1文字加えた絶妙なネーミング。実際、「クスッと笑えること」がネーミング決定の理由だったそうです。


キッポーポッキー(パッケージ逆さまバージョン・非売品)

こちらも言わずと知れたグリコの代表格ポッキー(1966年発売)。反対から読むと「キッポー(吉報)」。この語呂合わせから同じく受験生に人気のお菓子。

幻の『キッポーポッキー』とは、こちら(日経トレンディネット)

過去にグリコが『キッポーポッキー&携帯ストラップが5000名に当たる』という受験生応援企画を開催。そこでお目見えした『キッポーポッキー』。レアもの好きにはたまらない一品です。

余談ですが、以下、「ポッキー」という商品名の由来です。
開発時の仮称は「チョコテック」であったが、この名を他社が商標登録していることがわかったため、細めの棒状の物が折れるときの日本語における擬音語の一つ「ポッキン (pokkin)」をもじった「ポッキー (Pocky)」に改め、1966年(昭和41年)、商標とした。

テクテク歩きながら食べるチョコスナックの意味から「チョコテック」だったそうです。「ポッキー」でよかったと思います。ただ、「ポッキー」の由来が「物が折れるときの音」は、受験生には内緒の方向で。


ハイレルモン

「入れるもん!」なのか「入れる門」なのか。パッケージには小さく「合格だもん!」と書かれてあったりするので前者と思われる、明治の「ハイレモン」(1980年発売)。「ル」を加えただけでなく、ビタミンCも3倍含んでいたようです。


カナエルコーン

東ハトのロングセラー「キャラメルコーン」(1971年発売)。東ハトいわく『「カナエルコーン」は、願いごとを「かなえて」くれる、縁起のいい「キャラメルコーン」です。』『受験のときは合格祈願の願をかけて。バレンタインには恋の願いをたくして。』と、少々欲張りな商品となっています。

なお、デビュー当時「ダルマ」だったパッケージが途中、「招き猫」に変化しています。同じく、東ハトいわく『ゴーカク(五角)の星も入っているかも!?』だそうです。




【朝礼ネタ】受験応援・合格祈願お菓子の明暗


他にも挙げればキリのない受験生応援商品。例年、同様の時期に期間限定販売を継続しているヒット商品もあれば、その陰で単年・短命で終わる商品も多い。

今回取り上げた商品は、どれも長年に渡り消費者の支持を得てきた商品ばかりであることにお気付き頂けるかと思います。いわゆるロングセラー商品と呼ばれるメーカーにとっての成功商品は、そのブランド維持のために、弛まぬマーケティング努力を続け、それ相応の費用も投じています。

受験生応援商品ブームも年々、その「質」を求められ、単なる「ブームに乗っかっただけの商品」は短命に終わる傾向にあるようです。メーカーの売上至上主義だけでは、受験生の合格率は上がりませんからね。

受験生から見た時、単なる「縁起担ぎの商品名」で終わるのではなく「応援の気持ちが実際に伝わる企業」まで踏み込めるかが、プロモーション活動の上で重要な要素となっており、受験シーズンだけでなく年間をとして受験生を応援する企画を組む等、ヒットメーカー各社は、引き続きしのぎを削り合っているようです。

商品名だけでなく、そのキャッチコピーにも企業努力が見て取れます。
【朝礼ネタ】何のキャッチコピーか分かりますか? 〜印象に残るキャッチコピー集〜(参考記事)

さて、あなたの会社が取り扱っている商品やサービス。

目先の売上ばかりにこだわり過ぎて、長期的な視点で捉えられていないこと、あったりしませんか?
筆者自身、受験応援・合格祈願お菓子を少し調べてみた中に、何となくヒントを得られたような気がしています。

ところで、この受験生応援商品。
どことなくお笑い芸人に似通ったところを感じるのは気のせいでしょうか?






店長 貴重なお時間、最後までご覧頂きましてありがとうございました。
最後に“読んだよ”と押して頂けると、とても励みになります。
「読んだよ!」

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前(ハンドルネームOK):

メールアドレス(任意):

ホームページアドレス(任意):

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © 2012-2015 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ” All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ただし、当サイト内のテキスト・画像等の無断転載転用等はご遠慮願います。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。