カセットテープ型ICレコーダー RR-SR30 〜価格は?アラフォー世代にはたまらない復刻版〜 - 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”


朝礼ネタメニュー

2015年11月1日、サイト移転いたしました。

※しばらくすると自動的に新サイトへ移動します。

アクセス頂きましたページにより、自動的に移動しない場合もございます。
その際はこちらのリンクか画像をクリックして頂きますよう、お願いいたします。

【新サイト】http://netacon.net/

ネタのコンビニ引越案内

 スポンサード リンク

カセットテープ型ICレコーダー RR-SR30 〜価格は?アラフォー世代にはたまらない復刻版〜

スポンサード リンク


【会話ネタ】カセットテープ型ICレコーダー RR-SR30 〜復刻版が流行る理由〜


カセットテープの形をしたこちらのICレコーダー。
(画像は楽天より)

10月に発売のパナソニック「RR-SR30」、その名も「備忘録」。

この「懐かしい姿」に思わず一目惚れ。何に使うかは思い浮かびませんが、久しぶりに「欲しい!」という衝動に駆られてしまったアラフォー世代です。

会議のテーブルにさりげなく「RR-SR30」を置いておく。
同僚が見ている前でさりげなくカバンから「RR-SR30」を取り出してみる。


おじさんたちが目をウルウルさせながら寄って来ると思われます。

この「見た目はアナログ、中身はデジタル」のカセットテープ型ICレコーダー。
機能もさることながら「ネタ」としても、大いに重宝しそうです。

ところで、カセットテープと言えば…


カセットテープに詰まった思い出の数々


数年前、シャープの公式Twitterアカウントが↓こちらのリツイートをしたことがきっかけとなり、ハッシュタグ「#カセットテープ生誕50周年だから思い出を語ろう」が誕生。わずか2日間で4〜5万件の投稿が寄せられたという出来事がありました。



B面って何? カセットテープって何?

という若い世代の方には退屈な話で恐縮ですが、「カセットテープ」にはおじさんたちの多くの思い出が詰まっています。

「ツメを折って保存した」
「セロテープ貼って上書きした」
「カセットの穴に鉛筆を入れて回した」
「大事な録音中にテープがリバース」
「メタルテープには手が出なかった」
など。

あなたの「懐かしさ度合」はどのくらいでしょうか?


カセットテープ型ICレコーダー RR-SR30 の性能・価格は?


レトロな見た目とは裏腹に、8GBメモリーを内蔵。標準で90時間、長時間モードで約180時間もの録音が可能な高性能。液晶表示のリールハブ(いわゆるカセットの穴)がクルクルと回って「録音」「再生」を演出。鉛筆が入らないのは実に残念ですが、そこは我慢。

▼さらに詳しい情報はメーカー公式ページにてご確認頂けます。

簡易説明・使い方  詳細(スペック)

▼価格はオープン価格となっていますが、実際にはこの位です。

パナソニック カセットテープ型ICレコーダー RR-SR30(楽天)


朝礼ネタ・会話ネタとしての「復刻ブーム」


復刻ブームが密かに人気を集める昨今、テレビをつければ「懐かしのあの人」、街に出れば「懐かしのあの商品」と、「古くて目新しいもの」が目に留まる機会が増えました。

それもそのはず。現在アラフォーの団塊ジュニア世代は、石を投げれば当たるほどの大所帯。

【団塊世代】

 1947年〜1949年生まれの第一次ベビーブーム世代。
 毎年250万人以上の出生数を記録、この3年間で約800万人が出生。

【団塊ジュニア世代】

 1971年〜1974年生まれの第二次ベビーブーム世代=団塊世代の子供たち。
 毎年200万人以上の出生数を記録、この4年間で約820万人が出生。

・・・

そして、昨今の出生数が年間100万人ちょい。

団塊の世代(2014年現在65〜67歳)がほぼ定年退職を迎えるとともに、団塊ジュニア世代(2014年現在40歳〜43歳)への権限委譲が進み、団塊ジュニア世代が市場への影響力を持つようになってきた昨今、復刻ブームが盛り上がるというのも、ある意味自然の流れなのかもしれません。

少子化により個々の趣味嗜好が多様化し、何を作れば売れるのかが非常に分かりづらい若い世代に比べれば、同じものが同じ時期に流行り、それを大人数で支持していた世代に対し、当時流行った商品を再び流通させた方が、再び売れるかは別としても、注目してくれる人数が多いであろうことは明らか。

1.売れるか売れるか分からない新商品を、若者向けに新発売。
2.昔、若者に爆発的にヒットした商品を、中年向け(当時の若者)に再販売、いわゆる復刻版。


あなたが、限られた予算を任された企画開発部長なら、どちらに舵を取る?
極端に言えば、こんな二択になるでしょうか。

さらに、1.は売れたとしても中年層には支持されない可能性が高く、2.は売れた場合、流行に敏感な若者にも「レトロ感」や「限定感」が受け、幅広い年代に拡販できるポテンシャルを秘めているとも言えます。

・・・

つまり「カセットテープ型ICレコーダー」に反応した筆者は、まさに開発側の「カモ」というわけ。少々悔しいですが、欲しいものは欲しい。





店長 貴重なお時間、最後までご覧頂きましてありがとうございました。
最後に“読んだよ”と押して頂けると、とても励みになります。
「読んだよ!」

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前(ハンドルネームOK):

メールアドレス(任意):

ホームページアドレス(任意):

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
« 【朝礼ネタ】生命保険料の平均…  |  【朝礼ネタ】モミジとカエデの… »
Copyright © 2012-2015 朝礼ネタ スピーチネタ 会話ネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ” All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです。ただし、当サイト内のテキスト・画像等の無断転載転用等はご遠慮願います。
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。